相続税の控除額計算

相続税とは、相続した遺産が控除額を上回る金額に達した時に申告して納める税金です。相続税の控除額は贈与などの時と違って、最低でも6000万円と大変高額であるため、実際には相続が発生した人のうち、税金を納める必要があるのは5%程度といわれています。
相続税の控除額は、現在の法律では基礎控除が5000万円、それに加えて法定相続人の人数に対して1000万円を乗じたものを加算します。相続人が一人ならば控除額が6000万円、五人ならば1億円となります。この控除対象となる相続人は、相続放棄をしていようと法定相続人であれば数に含めることが出来ます。複数の養子がいる時には、被相続人に実子がいる場合は一人、いない場合は二人までを法定相続人に加えることが可能です。
なお、配偶者が相続する場合は配偶者の税額の軽減があり、遺産が1億6000万円か配偶者の法定相続分相当額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税がかかりません。また、未成年の相続人の場合は、満20歳になるまでの年数1年につき6万円の控除がさらに追加されます。色々と複雑ですが、きちんと調べれば相続税を納める必要がなくなる可能性がありますので、ある程度の遺産を相続した人は税理士などの専門家に相談することをお勧めします。