相続税という税金について

人が死亡したら相続が発生することになります。そして亡くなった人が所有していた財産は相続人が相続をすることになります。

そして相続人が相続する財産が高額である場合などは相続税という税金がかかってくる可能性があります。

そして相続税とは人が死亡して相続、遺贈、死因贈与によって一定の額以上の財産を取得した場合にかかってくる税金です。しかし相続税にもいろいろな控除があります。まず基礎控除がありその額は5000万円プラス法定相続人1名につき1000万円です。例えば相続人は死亡した人の配偶者と子供1人の場合は基礎控除が7000万円ということになり、基礎控除の額は結構高いので実際に相続税がかかってくる場合とは資産家の人が亡くなった場合の相続の時です。

次に配偶者に対する税額軽減措置があります。配偶者が相続する場合は遺産がどれだけ高額であっても法定相続割合か1億6000万円のいずれか大きい額までは相続税がかからないことになっています。

それから小規模宅地の特例措置もあります。これは一定規模以下の小規模宅地などでは宅地の評価を80%減または50%減にすることができます。このため相続財産の評価をかなり低くすることが可能になります。

そして相続税の申告は計算が結構複雑で専門的知識を要するので税理士にお願いしてやってもらうことになります。